大糸線 国鉄色キハ52115・156 Vol.9



夏も近づき沿線にも色々な花が咲き始めていました。でも、なかなか線路の近くには良い花が無くこの場所も構図的にはかなりきつい場所でした。

2005.6.18 大糸線 平岩 − 北小谷 426D


沿線は姫川を挟んで両側に山々が迫っているため、田圃も儘なりません。ここの田圃も先人の方が苦労して作られた跡が偲ばれます。

2005.6.18 大糸線 北小谷 − 平岩 427D


前から気になっていた崖の上(と言ってもちゃんと道はあります・・・)に登ってみました。やがて来た国鉄色が初夏の緑に映えていました。

2005.6.18 大糸線 小滝 − 平岩 432D



今日は「リバイバル 白馬」の走る日です。主役がお出ましになるまで、今日は脇役の国鉄ツートンが軽く南小谷まで一往復です。

2005.6.19 大糸線 南小谷 − 中土 420D(後追い)


「リバイバル 白馬」の合間に定期列車で走る国鉄色ツートンです。姫川流域には巨大な岩がゴロゴロしていて、その上に咲いた小さな花がアクセントになってくれました。

2005.6.19 大糸線 小滝 − 平岩 428D


地方に行っても未舗装の田舎道になかなかめぐり合えなくなってきました。ここにはかろうじて残っていましたが、いつまでこのままの姿でいてくれるでしょうか。(静かな状況に見えますが画面左側には「リバイバル白馬」を待っている鉄ちゃんが2〜30人は居ました・・)

2005.6.19 大糸線 南小谷 − 中土 431D


ご覧頂きましてありがとうございました。m(_ _)m

トップページへ戻る

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー