大糸北線 急行「リバイバル・白馬」 2

梅雨時期で2週連続晴れるのは無理だろうと思っていましたが、予想に反して雨が降らない予報が出たので、2週連続の出撃となりました・・・。

で、今回もあまり狭い場所ではなくゆっくり撮れる場所を選びました。北陸本線内で撮影後、一気にここまで移動したため、ゆっくりと準備ができました。先客の方が居られましたが、快く場所を提供していただきありがとうございました。

2005.6.26 大糸線 北小谷 − 中土 9406D 「リバイバル・白馬」


この日も雨は降りませんでしたが、すっきりしないお天気でした。でも、この場所は晴れると逆光気味なので、まあ良しとしました。おかげで52156のお顔が潰れづに済みました。

2005.6.26 大糸線 小滝 − 根知 9427D 「臨時普通列車」


天気は相変わらずすっきりしませんでしたが、蒸し暑く待つのも大変だろうと涼しそうなこの場所を選びました。定番の撮影地にはたくさんの同業者の姿が見えましたが、ここへはこの列車の時には誰も来ませんでした。後追いだったからでしょうか・・・。でもおかげでまったりと過ごせました。

2005.6.26 大糸線 根知 − 小滝 9430D 「臨時普通列車」


先週は平岩から追いついたので、今回はちょっと時間があったので下へ降りましたが、カメラが少し下を向いてしまいました。この場所は3両だと、ちときついですね。

2005.6.26 大糸線 中土 − 南小谷 9430D 「臨時普通列車」


この場所へは秋には楽に登れたのですが、冬は登れず、夏はちょっと登るのを躊躇してしまいます。でも長靴を履いて、三脚で前方をポンポンしながら登りましたが、怖かったです。でも出てこなかったのでホッです。

2005.6.26 大糸線 北小谷 − 平岩 9405D 「リバイバル・白馬」


最後の列車は途中駅での停車があまり無く、先週もギリギリでしたが今回もすぐやってきました。5台のDMH17のサウンドが印象的でした。この後、北陸本線の泊 − 入善で紫陽花と絡めようとしましたが、真っ暗になってきたため敢え無く撤収となりました。次回は、キハ52115+キハ28+キハ52156なんてのはどうでしょうか!

2005.6.26 大糸線 頸城大野 − 姫川 9405D 「リバイバル・白馬」

ご覧頂きましてありがとうございました。m(_ _)m

このページの写真は、CASIO EX-P600で撮影しました。

トップページ゛へ戻る

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー