大糸線 国鉄色キハ52115・156 Vol. 5




頸城大野まで来るとそこそこ雪が積もっていたので、帰りがけの駄賃でバルブをしてみました。雪明りって結構明るいのですね。少し露出オーバーでした。(^ ^);

2005.1.29 大糸線 頸城大野駅 434D



翌日、6時前に糸魚川駅へ行ってみるとA2の156とA1の115が並んでいました。ここでこんな光景が見れるなんて1年前に誰が想像したでしょうか。まさに「国鉄時代」へタイムスリップです。

2005.1.30 大糸線 糸魚川駅



115と156が仲良くにらめっこです。個人的には156の塗分けには少し違和感を覚えますが、この角度でならあんまり分かりませんね。雪が積もっていれば最高だったのですが・・・。

2005.1.30 大糸線 糸魚川駅



小滝まで来ると完全に雪国状態です。積雪は1mほどありました。周りの木々に着雪して、まさに白銀の世界を行く国鉄色になりました。

2005.1.30 大糸線 小滝 − 根知 421D



続いてタラちゃんが南小谷から戻ってきました。モノトーンの世界に国鉄首都圏色が映えます。

2005.1.30 大糸線 小滝 − 根知 423D



この鉄橋を俯瞰できる定番撮影ポイントは目と鼻の先なんですが、除雪されていなく、あまりの雪の多さに諦めました。雪が止んだ束の間に、115がやってきました。

2005.1.30 大糸線 根知 − 小滝 424D



小滝駅のホーム端からは、これから乗る列車が撮れます。バックもまあまあです。手前の線路は使われていないようでした。

2005.1.30 大糸線 小滝駅 425D



115に乗って糸魚川へ戻ると156と125がお昼寝中でした。DD16-300とDE10もお休み中。(この日はDD16-300が朝のラッセルに入っていました。420Dと根知で交換です。)

2005.1.30 大糸線 糸魚川駅


折り返し待ちの115の向こうにお昼寝中の156が見えました。こんな光景を再現してくださった糸魚川地域鉄道部の方々に感謝です。

2005.1.30 大糸線 糸魚川駅

公開中

昨年12月に首都圏色(タラコ色)に復活したキハ52156ですが、現役のタラコ色時代のポジが出てきました。走行線区は、○○線(現○○鉄道)でDD13の貨物も写っていました。現在、「輝け! 国鉄色の車輌達」 本館にて公開中です。是非、ご覧ください。

<「輝け! 国鉄色の車輌達」 本館へはこちらからどうぞ>

ご覧頂きましてありがとうございました。m(_ _)m

トップページへ戻る

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー