GWやお盆、年末年始と言った多客時には定期列車の増結が行われ、通常の運用では見られない編成が走る可能性があります。結果的に、2002〜2003の年末年始には花輪線定期列車への増結は行なわれませんでしたが、キハ52に限っては変運用による変則的な車輌廻しが行われたため、なかなかおもしろい撮影でした。撮影を終えて一言・・・・盛岡ってこんなに寒かったの?


撮影初日、大館から1928Dに乗り赤坂田で降りてここまで歩いてきました。途中ですれ違ったA48の大館寄が国鉄色だったので、帰ってくる「八幡平」の最後尾が国鉄色と判断。後追いで待っていると、雪煙をあげて4連がやってきた。

2002.12.30 小屋の畑 - 赤坂田 3930D



雪も降っていたので、A50もここで待つことに。予定通り国鉄色でやってきた。ラッキー!

2002.12.30 小屋の畑 - 赤坂田 1931D


翌日は天気も回復したが、運用が良くなく昼間撮れるのはA41のみ。しかし、この運用は、大館1往復後、午後から松尾八幡平までの区間列車2往復に入るのでそれからが勝負。まずは、大館から帰ってくるキハ58を撮影。

2002.12.31 安比高原 - 松尾八幡平 1928D


田んぼの藁に雪が付いていたのがおもしろかったので、それを入れて撮影。ここは吹きさらしで風が強く寒かった-。

2002.12.31 平舘 - 北森 2933D


松尾八幡平折り返し2往復目は、時間的に走行写真は難しいので駅撮りに。本当は真っ暗なんだけど、雪のせいか明るく写っていた。

2002.12.31 松尾八幡平 2937D-2936D


上の撮影で2002年の打ち止めにしようと思ったが、運用表を見ると1時間40分後にA61で145がやってくるみたいなので寒かったけどもう少し粘ってみることに。暗闇の中から2002年の最後を締めくくるべく国鉄色が現われた。今年も一年ありがとう、そして来年も頑張って走ってね。

2002.12.31 松尾八幡平  1941D

2003.1.1〜は、vol.3ヘ続く


花輪線 キハ58、キハ52 vol.3へ

トップページへ

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー