四マツ 国鉄色気動車 キハ58・65 Vol.2

先行する253Dの車窓からロケハンして、駅から少し距離があったのですが頑張って歩いてきました。いざ来てみると思っていたイメージではなく、時間も無かったので水鏡が出来そうな小さな田圃の畦で国鉄色を待ちました。

2006.4.30 土讃線 琴平 − 塩入 255D


返しの列車の国鉄色は後2Bのため高松まで乗りました。坂出−高松間は快速運転なのでぶっ飛ばすのかなぁと思っていましたが、あまりスピードは出ませんでした。高松駅に到着すると反対側に臨時のキハ185系が停まっていました。

2006.4.30 予讃本線 高松駅 254D


翌日は朝の多度津-高松間の列車に充当されるため菜の花を求めて塩屋の近くへ行きました。ちょうど農地の中ほどに菜の花があり、汗ばむ陽気の中で国鉄色を待ちました。(地主の方に聞いたのですが、実はこの花は菜の花では無いそうです・・・。よく似ていますが、違いが判りますか?)

2006.5.1 予讃本線 多度津 − 讃岐塩屋 130D


午後の列車は財田の築堤へ行きました。ここは昔、ゴーマルの重連を撮った思い出の場所なんですが、よく覚えていませんでした。近くで長い物!を見かけたので、ひやひやしながら列車を待ちました。(こういう時に限って時間の経つのが遅い・・・。)

2006.5.1 土讃線 黒川 − 讃岐財田 253D


ようやく254Dの前に国鉄色が入る機会に恵まれました。もう2両国鉄色が居れば、夢の国鉄色4連となるのですが・・・。いつものようにきれいに写っていた水鏡も、列車が風を運んできて漣がたってしまいました。(泣)

2006.5.1 土讃線 塩入 − 琴平 254D


ご覧頂きましてありがとうございました。m(_ _)m

トップページへ戻る

☆☆輝け! 現役国鉄色の車輌達☆☆PRODUCED by paira☆☆

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー