2008 「只見雪祭り号」

〜帰ってきた国鉄修学旅行色気動車〜


仙ココのキハ28・58は「南三陸」の運用離脱後、廃車になると思われていましたが、何故かキハ28・58各1両がなんと修学旅行色で復活! 2/4の陸羽東線から再活躍を始めました。そして2月9・10日は只見線に入線。「只見雪祭り号」として会津若松−只見間を1日1往復しました。

小牛田から若松への送込み回送は前日の昼間に運転されました。まるでD51498の試運転が終わるのを待っていたかのように、滑るように修学旅行色が磐西に帰ってきました。

2008.02.08 磐越西線 猪苗代 − 翁島 回9225D


本運転の初日は只見川第5橋梁へ。現場に着いたときは快晴の良い天気だったのですが、列車が来る頃にはドン曇に・・・・。今回はこのパターンにやられました。

2008.02.09 只見線 会津川口 − 本名 9425D


徒歩鉄だったので遠くへは移動が出来ず、第5橋梁から歩いて行ける本名の鉄橋へ行きました。この場所は結構同業者が多かったのですが、そんなにメジャーな場所だったのでしょうか。目で見たほど黄色が強くなく、急行色にも見えてしまいそうです。

2008.02.09 只見線 本名 − 会津川口 9430D 


2日目の往路は本当は滝谷の鉄橋へ行く予定にしていましたが、そうすると全部鉄橋での撮影となるため、急遽中川に変更しました。この先の築堤で撮影の予定でしたが、光線状態と添景物が良くなかったのでこちら側にしました。結局曇ったので、光線状態は関係無かったですね・・・。

2008.02.10 只見線 会津中川 − 会津川口 9425D 


最後は只見川第2橋梁へやって来ました。背後の木々の着雪が朝は良かったのですが、気温が上がったせいか、雪はほとんど落ちていました。この写真でも急行色にも見えなくも無いですね。

2008.02.10 只見線 会津宮下 − 会津西方 9430D



ご覧頂きましてありがとうございました。m(_ _)m

トップページへ戻る

☆☆輝け! 現役国鉄色の車輌達☆☆PRODUCED by paira☆☆

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー