2007 さようなら 花輪線 キハ52・58 Vol.3

〜2007.3.18 ついにその日がやって来る〜


一部で休車が出ている盛岡のキハ58の中で予備車がそう多いはずも無く、もしかしてA50でバックれた国鉄色がどこかで出てくるのではとしつこく待っていたら、なんとA42でやって来ました。寒かったので帰ろうと思っていたのですが我慢して良かったです。でも、明日は奥羽運用メインのA43かぁ・・・・。

2007.2.25 花輪線 平館 − 北森 3937D 快速「八幡平」 


次の日は平日だったのでこの5連は押えておきたかったので、早起きして撮影地へ向かいました。明るくなるか心配でしたがギリギリ間に合いました。この列車のオール国鉄色が撮れなかったのが、心残りです。

2007.2.26 花輪線 北森 − 平館 1922D


A48は予定通り国鉄色でした。この辺りも例年に比べて雪が少なく、農道にも雪は残っていませんでした。山裾を鹿角へ向けて下って行きます。

2007.2.26 花輪線 八幡平 − 陸中大里 1927D


鹿角から末広へ抜ける農道が通行止めだったので、高速を1区間利用して先回りしました。綺麗な光線状態の中を、国鉄色が快調に大館を目指します。

2007.2.26 花輪線 沢尻 − 十二所 1927D


昨日のA50で国鉄色が撮れなかったので、今日のA48でリベンジを果しました。2時間待ちでしたが、「八幡平」はあっという間に通過して行きました。

2007.2.26 花輪線 十和田南 − 柴平 3930D 快速「八幡平」


いよいよ最後の撮影になりました。花輪線好摩口らしい広々とした場所で国鉄色を一人占めしたかったので、迷わずここを選びました。盛岡に国鉄色が復活してから幾度と無く訪れたこの場所ともお別れです。最後の列車も国鉄色だったので悔いなく見送りました。が、視界からその姿が消えた瞬間、瞼が暑くなりました・・・。

2007.2.26 花輪線 平館 − 北森 1931D 


花輪線からは国鉄色を含むキハ52・58は撤退しますが、山田・岩泉線用として国鉄色車を含むキハ52・58が何両か残されることになりました。しかし、平成19年度中にこれらの車輌もキハ110系列に置き換えられる予定になっており、盛岡地区から完全に国鉄色が無くなるのも時間の問題となってきました。残された時間は僅かですが、一日でも多く彼らの活躍を見届けたいと思います。「花輪線を走ってくれた国鉄色のキハ52・58、ありがとう」


ご覧頂きましてありがとうございました。m(_ _)m

トップページへ戻る

☆☆輝け! 現役国鉄色の車輌達☆☆PRODUCED by paira☆☆

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー