敦賀港線 キハ28・58花火臨試運転

毎年8月16日には敦賀港で花火大会が実施され、これに合わせて普段貨物列車しか走らない敦賀港線に臨時列車(団体専用)が運転されます。昨年は金サワ国鉄色キハ28・58+砂丘色でしたが、今年は砂丘色に変わって福井で予備車になっている米トリの国鉄色キハ28・58が連結され、夢の国鉄色4連が組成されました。本番は夕方からの運転のため走行写真は少し辛いですが、8/14に行われた試運転では13時から16時にかけて6往復もするという、まさに真夏のビッグプレゼントになりました。

待つこと30分、最初の試運転列車がやって来ました。まさかと思った国鉄色4連です。


敦賀港駅の近くに咲いていた花を入れて撮りました。短い区間ですが、敦賀へ向けてエンジン全開です。


時期は過ぎていますが、紫陽花がかろうじて残っていました。せっかくの4連なのにもったいなかったです。


上の紫陽花ポイントの向かいから撮りました。港へ行く路線ですが、ここは山深い雰囲気です。(実際は、金網にへばりついて撮っています。(^ ^);


唯一、開けている区間に入ります。道が未舗装なのが良いですね。


コスモスもちらほら咲いていましたが、まだまだですね。1ヶ月後なら綺麗だったかもしれません・・・。


ここは一番人気の場所でしょうか、同業者が多かったです。快調に敦賀港を目指します。


歩くのがしんどかったので、上と同じ場所で撮影しました。写真ではわかり難いですが、かなり無理な体勢で撮っています。


昔の駅の跡でしょうか、ホームみたいのが残っていて、そこから撮りました。後ろにいた一般人はSLが来ると思っていたらしく、がっかりしていました。今ではSLよりも貴重なのに・・・。


折り返し時間が短い列車も有ったため、場所移動もそこそこにして撮影しました。上の撮影場所が左端に見えています。


最後の試運転列車が敦賀港駅を出て行きます。国鉄型気動車たちにとって決して先行きは明るくないですが、また来年も元気で走ってくれることを望んで止みません。(同じ編成で9/1〜3までおわら臨で高山本線を走る予定です。但し、夕方〜)


8月16日の本番時刻

往路:1便 敦賀発1741→敦賀港着1746
    2便 敦賀発1815→敦賀港着1820
    3便 敦賀発1846→敦賀港着1852
復路:1便 敦賀港発2045→敦賀着2052
    2便 敦賀港発2111→敦賀着2118
    3便 敦賀港発2137→敦賀着2144
 ☆花火大会が中止の場合は、ウヤとなります。
☆団体専用列車のため、一般の方の乗車はできません。

ご覧頂きましてありがとうございました。m(_ _)m
このページの写真は全て「CASIO EX-P600」で撮影しました。

トップページへ戻る

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー