2005 「おわら臨」国鉄色気動車

今年も「おわら臨」の季節がやってきました。昨年の台風で高山本線が分断された影響で今年はJR東海車の応援が出来なくなり、西日本車でまかなわなければならなくなったため、越美北線の応援に来て予備車になっていたトリ車キハ28・58にも出番が回ってきました。

サワ車キハ28・58とトリ車キハ28・58の国鉄色カルテットが、神通川を渡ります。車輌不足から思わぬ編成が実現しました。

2005.9.3 高山本線 東八尾 − 笹津 回9860D


翌日の早朝、糸魚川からキハ52156が2往復だけキハ47と手をつないで走りました。上の国鉄色編成はお休み中だったので、もしこの運用に入ってくれれば夢の編成が実現していたわけですが、世の中そんなに甘くは無いですね。

2005.9.4 高山本線 速星 − 西富山 841D


今度はしんがりとなって越中八尾を目指します。キハ52156も、もう少し足を伸ばして猪谷まで行きたかったでしょう。

20059.4 高山本線 西富山 − 速星 842D


大役を果たして、サワ車を従えて福井へ帰ります。越美北線には既にタオ車が応援に来ており、国鉄色編成の出番はなかなか無いと思われます。

2005.9.4 北陸本線 芦原温泉 − 丸岡 回9560D


今年の「おわら臨」では残り少なくなったタオ車のキハ28・58も応援に来ていました。国鉄色でないのが本当に残念ですが、彼らにとっておそらく最後の「おわら臨」と思われますので、その活躍ぶりをここに記録しておきたいと思います。


国鉄色キハ28・58を待っている間に、タオ車のキハ28・58がやってきました。彼らには似合わない塗色が残念です。

2005.9.3 高山本線 東八尾 −笹津 856D


「おわら風の盆」が終わっても、もう半日の間は定期列車の代走を務めます。キハ120とは違う独特のサウンドを響かせ、軽やかに富山を目指します。

2005.9.4 高山本線 速星 − 西富山 847D


この区間の定番撮影地をたくさんの鉄ちゃんに迎えられて、その人気が伺えます。腐ってもキハ28・58でしょうか。

20059.4 高山本線 西富山 −速星 846D


稲穂も色付いた千里のカープをゆっくりと通過して行きます。来年もこの稲穂が見られるのでしょうか。

2005.9.4 高山本線 千里 − 速星 855D

ご覧頂きましてありがとうございました。m(_ _)m

トップページへ戻る

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー